転職・キャリアアップ支援!Javaプログラマーの知識や経験をJava講師に活かす!

転職サイトを利用してJava講師に転職する際に、どのような事を重視して転職サイトを選ぶべきかを紹介します。

転職サイトを利用したJava講師への転職

転職サイトを利用したJava講師への転職 今は、インターネットで気軽に求人情報を見ることができる時代になりました。ちょっとした空き時間にもすぐに最新の求人情報を検索できて、とても便利です。日々パソコンと向き合っているプログラマーやエンジニアの方なら特に、転職を考えたら、まずは転職サイトを覗いてみるという人も多いのではないでしょうか。転職サイトも数が増え、様々な種類のサイトがあり、どれを見ればいいのか迷うほどです。そこで、転職サイトを利用するポイントを紹介します。

転職サイトの種類

転職サイトは、そのサービス内容によって大きく2つに分類することができます。 一つは、幅広い求人を扱う総合型転職サイトです。特に業界を絞ることもなく、様々の職種の転職を支援しています。転職サイトと聞いてぱっと思いつく大手サイトなどは、ほぼこちらに該当します。
そしてもうひとつが、ジャンル特化型転職サイトと言われるものです。IT系求人や、看護師専用求人など、職種を絞った転職求人を掲載していることが特徴です。こちらは、求職者のニーズにこたえるかのように数も種類も増えてきています。看護師、薬剤師、エステティシャンなど、転職でも業界をうつる人が少ない専門的なジャンルのものが多いようです。IT業界の仕事も専門ジャンルのひとつと言えるでしょう。IT系の専用求人サイトは最近特に増え、内容も充実しています。詳細はこちら>>>

転職サイトの使い分け

総合型転職サイトの特徴は、様々な業種を網羅していることです。
営業職や総務経理職など、特定の業界にこだわらずに転職先を探す場合には、広い目線で求人記事を見ることができるので重宝します。
その一方で、ジャンル特化型転職サイトは、狭く深くといった感じで、業界や業種に特化した多くの求人が掲載されています。他の業界に転職することは全く考えていない人にはこちらのサイトのほうがより多くの情報を見ることができ、有利でしょう。特に、Javaの講師などといった、ジャンルも職種も絞られるような求人を探すなら、間違いなくジャンル特化型転職サイトの方が良い求人を見つけられる可能性が高いかもしれません。

絞らないことも得策です

最近では、本当に多くの転職サイトがあります。その多くは、メルマガやSNSなどで最新情報を発信しているので、仕事を探したいなら、複数のサイトに登録しておくと良いでしょう。求人を載せる側の企業も掲載料や付き合いなどで、媒体を決めることがあり、その費用も大きいことから、数ある転職サイトのなかで1社だけに掲載するといったことも少なくありません。
大手以外のサイトでは掲載料が安い場合が多いので、地方の中小企業などはそういったサイトを選ぶこともあります。いずれも、無料で登録することができますので、多少面倒でも、より多くのサイトに登録し、情報を得るアンテナを広げておくことをおすすめします。

Copyright (C) 2014 集まれJava講師!求人トレンド傾向と対策 All Rights Reserved.