転職・キャリアアップ支援!Javaプログラマーの知識や経験をJava講師に活かす!

Java講師の履歴書には、一体どのような事を書けば良いのか考えてみましょう。

Java講師の履歴書対策

Java講師の履歴書対策 転職活動には必ず必要となる履歴書。履歴書は転職成功への最初の関門です。定番の書類だからこそ、転職したい職種にあわせた書き方を工夫することが重要なポイントになります。プログラマーと講師では、履歴書作成時のアピールポイントも変わってきますよね。それでは、Java講師の求人に応募する際に、どのような点に注意して履歴書を用意すればいいのでしょうか。適当に書くのではなく、しっかりと対策をして書いてみましょう。

アピールポイントをおさえる!

人と話すのが好き、人に教えるのが好き、などといった、講師に適していると思われる人間性をしっかりとアピールしましょう。
講師の仕事は、人間性が重要な要素になります。子供や動物が好きであるなど、よりあなたの性格やキャラクターがわかるエピソードも書いておきたい内容です。また、最初はアシスタントからスタートする可能性もあるので、どんな仕事でもこなす思いと、それに必要な経験やスキルを論理的に整理して書いておきましょう。また、ボランティア経験がある場合は、必ず書くと良いでしょう。ボランティアも、講師も、人のために奉仕するというサービス精神が共通します。
当然、Javaに関するスキルと経験も記載しましょう。実務経験の詳細は別紙の職務経歴書に整理して記載します。その際、Java講師の仕事に活かせる具体的な経験なども考えながら書いてみると良いでしょう。

転職理由は、簡潔かつ明確に!

JavaのプログラマーからJava講師への転職を希望するには、大きな転職理由があるはずです。同じ業界で転職をするなら、給料が安い、仕事が大変だといったネガティブな理由もあるでしょうが、講師という職業に就きたいと考える人には、もっと大きな目標や理想、目指したいキャリアプランなどがあるのではないでしょうか。もしかしたら、それは精神論的なことかもしれませんが、プログラマーなどのエンジニア求人とは違い、精神論や情熱、気持ちといった部分を重要視されるのも講師という求人の特徴です。恥ずかしい、照れくさいと思う気持ちもあるかもしれませんが、そこは思い切って、ありのまま正直な思いと理由を書きましょう。講師という仕事に対する熱意を伝えることが大切です。

強みを明確にアピール!

プログラマーであれば技術的なスキルが大きな強みになるでしょうが、講師の場合、それだけでは不十分です。
募集要項をよく読んで、応募する企業に合った強みをアピールしましょう。また、長文になって読む人が理解しづらくならないよう、箇条書きにするなど、わかりやすく伝えることも重要です。講師ともなれば、人に分かりやすく伝える能力が大切です。履歴書の書き方一つをみても、講師として必要なスキルや資質が備わっているかどうかは、すぐにわかってしまいます。履歴書を見る人の気持ちになって、講師として働きたいという情熱や思いと、それがきちんと伝わる文面になっているかどうか、何度も確認するようにしましょう。
最後には、誰か他の人にも読んでもらい、感想を聞くようにしましょう。そうやって、手間を惜しまずブラッシュアップすることで、転職成功の道が開けるでしょう。

Copyright (C) 2014 集まれJava講師!求人トレンド傾向と対策 All Rights Reserved.