転職・キャリアアップ支援!Javaプログラマーの知識や経験をJava講師に活かす!

Java講師に転職するためにハローワークを利用する際、どのようなポイントがあるのか紹介します。

ハローワークを利用したJava講師への転職

ハローワークを利用したJava講師への転職 Java講師の求人情報はどこで探しますか?求人情報を探す手段として、転職サイトや人材紹介会社などを使わずに、ハローワークを利用する人も多いでしょう。ハローワークは無料で利用できる上、自分が住んでいる地域の求人情報が集まる便利な公共施設です。民間の求人サービスには無いような情報を見つけることもできるので、足を運んでみると良いでしょう。ハローワークでの求人探しのポイントを紹介します。

ハローワークのサービス

ハローワークは、国が運営している期間で、公共職業安定所とも呼ばれます。
全国に500箇所以上設置されており、求職者のための様々なサービスを提供しています。ハローワークには仕事探しの専用端末が設置されていて、現在募集中の求人情報を、職種、勤務地などの条件で絞って検索することができるようになっています。希望に合う求人を見つけたら、そのまま窓口へ行けば求人企業への取次ぎもしてくれます。中には、転職支援会社などが行っているような、転職のアドバイスや相談窓口もあります。プログラマーから講師という大胆な転職ですので、そのようなアドバイスや相談サービスも活用すると良いでしょう。気になる求人に対して、条件などを一緒に整理し、合致するか第三者の目線からアドバイスもしてもらえます。履歴書や職務経歴書の作成支援や面接対策のセミナーなども実施しており、ほとんどが無料で受けることができます。まず、転職を考えたら足を運んでみましょう。きっと、こんなことまで無料でやってもらえるの?と感動するはずです。

ハローワーク限定の求人もあります

求人情報の中には、求人サイトや求人誌には載っていない求人もたくさんあります。
また、ハローワークからの紹介状がないと応募できない案件もあります。ハローワークは、転職者や求職者だけでなく、募集する企業にとってもメリットがあります。他では見たことがないような企業の求人も、ハローワークに行けば見つかるかもしれません。

その地域に特化した求人がある

Javaの講師を目指す人には、地元での勤務を希望している人も多いことでしょう。
ハローワークでは、基本的に担当する地域が決まっており、所在地周辺での勤務となる求人が集まっています。そのため、ハローワークで仕事を探す際は、自宅の近くではなく、希望勤務地を管轄するハローワークで探すことがポイントです。また、ハローワークへの求人掲載は無料なので、地方の中小企業や個人事業主の求人記事も多くあります。講師を募集する企業は、主に地域毎に教室をもっていたり、その地域の企業へ講師を派遣するような事業をしています。ハローワークで探したほうがJava講師の求人は見つけやすいかもしれません。

Copyright (C) 2014 集まれJava講師!求人トレンド傾向と対策 All Rights Reserved.