転職・キャリアアップ支援!Javaプログラマーの知識や経験をJava講師に活かす!

スクールなどで指導の経験を積んだJava講師のキャリアプラン

Java講師は経験を積んでフリーランスになることも可能

Java講師は経験を積んでフリーランスになることも可能 Java講師は、Javaプログラミングスクールなどで一定期間経験を積み、フリーランスになる人や自ら運営側に回る人などさまざまなキャリアがあります。最初は講師のアシスタントとして働いたあとJava講師として本格始動する人もいて、教える難易度や経験に応じて給与が変動する傾向です。Java講師として活躍するうえで、給与事情やキャリアプランが気になる人に向けた情報をまとめています。

Java講師が活躍できる場所とは

Java講師はJavaを使ったプログラミングについて教えることが主な仕事であり、それを教えるためのスクールでインストラクターとして活躍するケースは非常に多く見られます。Java講師として最初に活躍するのが、スクールの講師というケースも多いです。システム開発などの経験を活かして受講者へJavaプログラミング技術を指導し、新たなJavaプログラマーを育成する役割を担います。このほか、ソフトウェア開発などを手掛ける企業内での研修にて、Java講師として参加することも多いようです。Javaプログラマーの育成に力を入れている企業では、Java講師を専属で雇用するところもあります。新人教育や定期勉強会などさまざまな研修教育の機会に、Javaプログラミングの教育指導を行うのです。
日々めまぐるしい進化を伴うIT業界では、常に最新の技に追いつくために研修や勉強会を定期的に開催している企業は珍しくありません。Java講師は、企業での研修講師として活躍する機会も増えていく可能性があります。

教える難易度によって給与も変わる

Java講師は、Javaを使用したプログラミングとシステムエンジニアとしての実務経験が求められます。自身が経験した内容を活かしてテキストや講義内容を決めることもあるため、それなりの実務経験が必要だといえます。Javaを使用したプログラミング、データベース設計などのエンジニアスキルを教える場合、おおよその年収は400万円~450万円が相場とされています。
本格的にJava講師を目指す前には、講師のアシスタントとしての役割から始める人もいます。QA対応をはじめとする受講者の各種フォロー、研修の際のアシスタントなどが主な仕事です。アシスタント期間を経て、Java講師として本格始動すれば先述したほどの年収は見込めるでしょう。
給与欄には「経験と能力を考慮」というような内容が記載されていることが多く、Javaを使用した実務経験とスキルが給与に反映するケースも多々あります。ほかにも、Java以外に複数の言語が扱えて、その言語の数だけ幅広い講座に携わる可能性があれば収入アップも望めます。

経験を積んでフリーランス講師も目指せる

Java講師は基本的にスクールや企業などでプログラミング技術を指導する仕事がメインです。しかし、そうした経験を積んだのちに、小規模のスクールの運営者として転換する人も少なくありません。講師としての十分な経験があれば、後輩講師を育成することも可能です。Javaプログラミングの指導だけに留まらず、後輩の育成や運営などのマネジメント寄りの業務にも携われます。こうした経験を経て、Java講師からマネジメントへとキャリアの道を転向することもできるのです。
Java講師の道を歩み続けるとしたら、フリーランスの道も拓けます。フリーランスで活躍する場合は自らのスキルを売り込む必要があり、営業をしていくうちに人脈が広がります。人脈が広がると、さらに新たな活躍の場を紹介してもらえる可能性も高まるでしょう。
Java講師をはじめとする教育を行う側は、一年のうちの4月から6月頃にかけて一気に需要が高まるとされています。一般的に多くの新入社員が入社後に研修を受ける時期であり、この需要の高さに反して講師の数は圧倒的に少ないのが現状です。案件を安定的に受注できる期間があるこの現状は、フリーランスの講師にとってありがたい限りです。フリーランスの悩みのタネともいえる案件の受注に悩まずに済むのではないでしょうか。

Copyright (C) 2014 集まれJava講師!求人トレンド傾向と対策 All Rights Reserved.