転職・キャリアアップ支援!Javaプログラマーの知識や経験をJava講師に活かす!

Java講師として身につけておきたいスキルを紹介します。

Java講師の必須スキルとは?

Java講師の必須スキルとは? Java講師という仕事をするために、どのようなスキルが必要なのでしょうか。Javaプログラミングを教える仕事ですから、Javaに関する知識は当然必要ですが、Java講師になるための必須スキルは、講師としてのスキルです。講師に必要となるスキルは、大きく3つに分けることができます。得意なもの、苦手なものなど、自分の性質と照らし合わせてみてください。

戦略企画力

一言でJava講師と言っても、その講義の目的はそれぞれに異なります。企業内研修であれば、未経験者の新人研修なのか、若手エンジニアのステップアップ研修なのかによっても違いますし、それぞれに育成目標レベルが設定されているはずです。また、スクールであれば資格取得が目標となるなど、それぞれに目標やゴールが違います。授業のゴールや、生徒さんの目標など、自分が担当する講義の本来の目的を正しく把握し、全体的な計画をまとめる力が必要になります。場当たり的な授業では、生徒も困惑しますし、なかなかスムーズな理解も得られないでしょう。ゴールを目指した講義展開を考えられなければ、講師としての成果も出せないことになります。
また、授業を生徒のスキルに合わせて合理的、論理的に組み立てることも講師としては必要な仕事になってきます。ときには、単純な授業ではなく、レクリエーションなどを企画して、生徒の理解を助けることも有効な手段になります。講師次第で、授業の質は大きく変わっていくものですので、トータル的な企画力は重要なスキルポイントです。多くの講師は、ここが弱いポイントですので、ここを磨くことで、他の講師との差別化になり、まわりからの評価もあがることでしょう。

研修講師としてのスキル

どのように授業を進めれば生徒が効率的に学べるか。それが、講師として一番重要なことです。様々なポイントを一つひとつ噛み砕き、わかりやすく伝えるスキルが必要になります。このスキルがないと、どこが授業のポイントなのかが伝わりません。また、受講者も内容を理解できず、アドバイスを求めることすらできないでしょう。専門用語を羅列するだけの形式張った授業にしかならないので、生徒さんの評価もよくないでしょう。

運営調整力と情熱

講師というのは、人のためになにかをするといった奉仕の心が必要な仕事です。生徒が、スキルアップするために、手間を惜しまず、いろいろな形でサポートしてあげなくてはなりません。また企業内研修であれば、社内での各種調整業務や研修運営手配などの調整力も必要になります。
そして何より、「伝える、教える」ということに情熱を持てるかどうかが、大きなポイントです。自分のこれまでの知識や経験を他の人に伝えたいという情熱、人を育てることに喜びを感じられる熱意が重要です。

Copyright (C) 2014 集まれJava講師!求人トレンド傾向と対策 All Rights Reserved.