転職・キャリアアップ支援!Javaプログラマーの知識や経験をJava講師に活かす!

より良いJava講師となるにはどうした良いのか、3つのポイントを紹介します。

より良いJava講師になるためのポイント

より良いJava講師になるためのポイント 基礎となる必須スキルに磨きをかけて、より良いJava講師を目指すためのポイントを紹介します。Java講師としての必須スキルを踏まえた上で、さらに上を目指すためにはどのようなスキルを磨いていく必要があるのか、より良いJava講師とは何なのか?Java講師という仕事に必要な資質とスキルを、さらに深く掘り下げて見ていきましょう。

コミュニケーションスキル

講師という仕事は、一方通行では成果を出すことができない仕事です。Java講師の成果とは、それぞれが受け持つ講義の目的やゴールに向かって生徒を導くこと。生徒だけの努力でゴールへ向かえるなら講師は不要ですし、講師だけが頑張っても生徒がついてこなければ、成果にはつながらないのです。そのために必要となるのが、コミュニケーション能力です。コミュニケーションスキルとは、人と人の間の意思疎通、情報伝達をスムーズに行う能力。人間同士の情報伝達の手段は、言葉だけではありません。表情や仕草、行動や態度などでも情報を伝達しあっています。Java講師は、生徒の表情や仕草、態度などから、感情や意識の方向性を読み取り、生徒たちの興味をひき、注目を自分に向けて集中させる、というテクニックが必要です。講義のプランを緻密に計画し、わかりやすい説明方法やカリキュラムを準備しても、コミュニケーションスキル不足によって講義の効率を落としてしまうことは多々あります。より良いJava講師を目指すなら、コミュニケーションスキルを学び、身に着ける必要があるでしょう。

インストラクションスキル

インストラクションスキルとは、教え方のテクニックです。コミュニケーションスキルと重なる部分も多いですが、「伝える」、「教える」、「対話する」という3つの視点からみた総合的な講師力のことを言います。わかりやすく言えば、教え方がうまいか、へたか。子供の頃から学校の授業などを経験していますから、生徒の目線から見て教え方がうまい、へた、という感覚は誰でも理解できると思います。教え方がへた、というのは、講師という職業にとって致命的です。講師と生徒も人間同士ですから、相性というものも否定しきれませんが、教え方のうまいへたは、理論だてて学ぶことができるといわれています。これがインストラクションスキルです。体系だてて理論を学ぶことで、Java講師としての質も向上するでしょう。

研修企画スキル

これは、Java講師の必須スキルの項目で紹介した戦略立案の力と通じるスキルです。どのような内容で、どういう手順で、どのような手法を取り入れた講義、カリキュラムを組み立てれば、生徒たちを授業のゴールに対して確実に誘導できるのかを、理論的に考え、企画する力です。講義に思うような成果が出なければ、その問題点を追求し、課題を発見し、解決するための施策を打つ力を身に着けていくことで、講義の質は向上し、Java講師としての能力も高まっていきます。

Copyright (C) 2014 集まれJava講師!求人トレンド傾向と対策 All Rights Reserved.