転職・キャリアアップ支援!Javaプログラマーの知識や経験をJava講師に活かす!

いいことたくさん!Java講師の魅力とは?

Java講師の魅力とは?

Java講師の魅力とは? Java講師とは、開発系の企業内やエンジニアのスクールなどにおける研修や授業を通じ、生徒にJavaやプログラミングに関するいろはを教え、未来のJavaエンジニアを育成する仕事です。プログラマーとは違い、仕事の成果物として明確に目に見えるものはありませんが、多くのJava講師がその仕事の魅力を実感しているようです。

意外と自由がきく!

講師というと、責任もあり、勤務時間の調整など難しいように思いますが、実はそうでもありません。特に勤務先が専門のスクールなどの場合、最近では、夜間の講義をやっているスクールも多く、講師はほとんどがシフト制になっています。また、多くは授業が数ヶ月から1年という単位で区切られているため、自分で働く期間を決めることもできるようです。
特に女性においては、結婚や出産など、一時的に仕事を休みたい期間があると思いますが、そういう場合でもフレキシブルに働くことができるのも魅力のようです。

スキルの向上

人に教えるわけですから、その分野において教えるだけのスキルが必要なのは言うまでもありません。すっかり理解していることでも、教えるという視点で取り組むことで新たな発見もあるでしょう。さらに、講師という仕事を通じて、「教える」というスキルや、コミュニケーション能力など、他ではあまり得ることができないスキルが否応なく身につくのもポイントです。
キャリアアップのワンステップととらえて、講師の仕事をしてみるのも良いでしょう。将来、開発会社などに就職を考えている人は、講師の経験は大いに活かせると思います。リーダーや役職がついた場合、部下を育てる必要があるからです。また、最近の企業は従業員の教育という大きな課題を抱えています。講師としての経験は、さらなるキャリアアップの後押しをしてくれるでしょう。

大きなやりがい!

スクールでは、資格取得を目標に通う生徒さんがほとんどです。講師は、その人にあった方法で、資格合格までのサポートをすることになります。最初は、わからないことやうまくいかないことも多く、悩むことをあるでしょうが、生徒さんが資格に合格したときのやりがいは計り知れないものでしょう。就職や転職のために、スクールに通っている生徒さんを受け持った場合、無事に内定がでたら自分のことのように嬉しいと思います。
また、企業内の研修講師として働く場合、自ら教えた若手社員がめきめきと育って現場で活躍している姿を見ることが、喜びになります。企業の開発部門の将来に貢献しているだけでなく、IT業界全体に貢献しているという実感もわくでしょう。講師というのは、一見地味な仕事に思えますが、なかなか味わうことのできない大きなやりがいがあり、誰かのためになっているという自負も醍醐味なのだと思います。

Copyright (C) 2014 集まれJava講師!求人トレンド傾向と対策 All Rights Reserved.