転職・キャリアアップ支援!Javaプログラマーの知識や経験をJava講師に活かす!

Java講師とプログラマーの違いを、求人票を通して比較してみましょう。

Java講師とプログラマーの違いとは?

Java講師とプログラマーの違いとは? Java講師とJavaプログラマー。どちらも同じJavaというプログラム言語を使った仕事ですが、プログラマーと講師の仕事は、具体的に何がどのように違うのでしょうか。その違いを知るには、求人票の内容を通して比べてみるとわかりやすいかと思います。そこで、実際の求人票を比較してみました。仕事内容はもちろん、応募資格や労働条件にも違いがあります。

仕事内容の違い

同じJavaを取り巻く仕事でも、プログラマーと講師では仕事の種類が全く違います。Javaプログラマーの仕事は、Javaを使ってプログラミングをすることであり、活躍の場は開発現場です。Java講師は、Javaを使うプログラミングについて人に教えることが仕事であり、活躍の場は教室や企業内の研修センター、会議室などがメインになります。
それぞれの仕事内容をさらに細かく見ていきましょう。まず、Java講師の仕事は、講義をしたり、実習の時間管理などを担当します。最初は、アシスタントから採用されることが多く、メイン講師の支援をしたり、理解が遅れている受講生のサポートなどを受け持ちます。日報のチェックや、添削など、事務的な作業も多くなります。また、メイン講師になると、演習でクライアント役になったり、上司役になったりしてロールプレイングを行うこともあるようです。企業内の研修担当講師として勤務する場合は、研修プログラムの構築、立案、改定の他、教材作成なども担当することになるでしょう。
プログラマーの場合、業務アプリケーションの開発がメインとなるでしょう。会社によっては、プログラマーの他に、SEも募集していることがあります。SEの方が給与などの条件はいいものの、クライアントや社内との調整業務など、気疲れも多い仕事内容です。

応募資格の違い

募集する企業が求めているスキルや経験も、講師とプログラマでは大きく異なるようです。
実際の求人票を見ている限り、プログラマーの求人では、実務経験を重視しており、資格などはそれほど重要視されていないものが多いようです。これに対し、講師の求人では、プログラマーとしての業務経験の他に、IT系の資格保有者が優遇されるようです。また、プログラミングとは直接関係のない、塾講師や家庭教師のアルバイト経験なども歓迎されます。期待される実務経験は、プログラマーよりもSEに近い内容になっています。プロジェクトマネジメント経験や、上司として部下を抱え、人材育成・教育経験を持つ人材は特に強く求められているようです。
年齢条件を見てみると、講師は不問のところが多いのに対し、プログラマーは、30代か40代くらいまでが多いようです。プログラマーは、体力的にも辛い仕事ですので、企業としては若い人材を求めています。一方、講師は、それほど体力を使う仕事ではなく、少し歳を重ねていたほうが経験も多く、講師という仕事の性質上、ハクもつくことから、年齢不問としている求人が多いようです。

労働条件・労働環境の違い

まず異なるのは勤務時間。プログラマーは、会社の定める勤務時間となりますが、スクール講師は、講義によって変わるシフト制が多いようです。企業内講師の場合は、プログラマと同じように会社の規定勤務時間となる場合が多いでしょう。また、講師を募集している会社では、他の会社に講師を派遣する事業を行っていることも多く、その場合は、クライアント企業に出向く必要もあります。雇用形態も、プログラマーは、基本的に正社員が多いのに対し、講師は、業務委託が多いようです。

Copyright (C) 2014 集まれJava講師!求人トレンド傾向と対策 All Rights Reserved.