転職・キャリアアップ支援!Javaプログラマーの知識や経験をJava講師に活かす!

Java講師とは一体どのような職業なのでしょうか。魅力ややりがい、プログラマーとの違いなどを紹介します。

Java講師ってどんな仕事?

未来のJavaエンジニアを育てるJava講師の仕事。Javaをしっかりと理解していなければ、教えることなどできません。Java講師の仕事は、Java経験とスキルを存分に発揮できる仕事です。Java講師という職業の魅力ややりがい、プログラマとの違い、Java講師になるにはどうしたらよいのかなど、Java講師になるための導入部をご案内します。

Java講師ってどんな仕事?

Java講師ってどんな仕事?の記事一覧

Java講師の魅力とは? Java講師の魅力とは? Java講師をしている多くの人が、その仕事の魅力をかみしめているようです。開発現場で納期に追われながらIT土方とも言われるほど過酷な条件下で働くプログラマーやエンジニアに比べると、格段に安定した労働環境。開発現場とはまた違う角度のスキルが身につくこと。そして、講師という仕事ならではの大きなやりがい。Java講師の仕事には、たくさんの魅力があります。人と関わることが好きな人、人にものを教えることが好きな人、面倒見の良いタイプの人、そしてJava自体が好きだという人には、もってこいの職業と言えるでしょう。 詳しくはこちら

Java講師のやりがい Java講師のやりがい 仕事の大半がコンピュータを相手にするプログラマーと、人間を相手にする講師という仕事。無機質なコンピュータを前に自分自身との戦いを強いられるプログラマーに対して、講師の場合、インプットに対する反応がそれぞれ異なる生徒たちを相手に、生徒とのコミュニケーションの中で仕事をすすめていきます。自分ひとりの力だけではなく、自分の努力と生徒の努力がかみ合って、はじめて成果が出るのが講師という仕事です。その成果を生徒ひとりひとりと共有し合える講師という仕事のやりがいは、プログラマーのそれとは全く異なる種類のものと言えるでしょう。 詳しくはこちら

Java講師とプログラマーの違いとは? Java講師とプログラマーの違いとは? Java講師とJavaプログラマー。両者の違いを、求人票を通して比較してみましょう。開発を担当するプログラマと教務を担当する講師では、仕事内容はもちろん活躍現場も違います。仕事内容の違いは、求人の応募資格にもあらわれています。どちらもJavaプログラマーとしての実務経験やスキルは当然必要となりますが、講師の求人にはさらに求められるスキルが加わります。またそれぞれに求められる年齢層の違いも特徴的です。プログラマーよりもハードルが高いと言えるでしょう。働く現場が変わるため、労働条件も異なります。 詳しくはこちら

Java講師になるには? Java講師になるには? Javaプログラマーとしての経験を経て、Java講師になるためには、何をすれば良いのかを具体的に考えてみましょう。Javaエンジニアの求人が売り手市場である今、企業もスクールもJavaエンジニアの育成に力を入れることが予測され、Java講師の求人数も増えつつあります。しかし、前記事でも記載したとおり、教えるとなると、プログラマーとしての実務経験以外のスキルも求められます。Javaプログラマーとしての経験だけでは、応募すらできない求人募集も多いため、Java講師を目指すのであれば資格を取得するなどの対策をしておきましょう。 詳しくはこちら

Copyright (C) 2014 集まれJava講師!求人トレンド傾向と対策 All Rights Reserved.